カテゴリー「暮らしと健康(四季の里より)」の記事

2009年11月 3日 (火)

中山医院より―インフルエンザ情報―

*新型インフルエンザがついに足守地区に入ってきました*

新しいインフルエンザの特徴は、感染者の約8~9割が30歳未満であり、特に20歳までの若い人が多いということです。感染力は強いものの症状は従来のインフルエンザとほぼ同じです。ただ喘息の既往がある方は注意が必要です。治療は従来のインフルエンザと同じですので、37度の後半~38度以上の熱が出た方は早めに医療機関に受診して検査を受けてください。ワクチンは県により管理されております、接種は妊婦さんから始まり透析患者さん等危険因子の高い方から順次予定されていますが、まだ情報が二転三転されており一般の方がいつ接種できるか不透明な状況です。新型インフルエンザのワクチンを製造するため、従来の季節型インフルエンザのワクチン製造が平年の7割程度と減少しており、このため当院でもワクチンが不足しており大変迷惑をお掛けしております。

| | コメント (0)

2009年6月29日 (月)

中山医院:四季の里より

新しい施設(サポートハウス四季の里)の立ち上げにかかりきりになり、福谷ネットへの投稿をご無沙汰していました。申し訳ございません。

今回立ち上げた施設は、福谷のご高齢者のために少しでも役立てばと思い、ショートステイ(短期入所)の対応と寝たきりの方でも車椅子のままで入浴できる風呂を設置しております。

新型インフルエンザの話題も提供しようと思っているうちにウイルスは岡山までやって来てしまいました。もう皆様はテレビ等でご存知の様に、今回の新型インフルエンザは今までのインフルエンザと同じ対応でいいようです。厚労省の少し過剰な対応に日本人はパニックってしまいましたが、今後流行する恐れのある鳥インフルエンザ等の感染症に対するシュミレーションとしては良かったのかも知れません。(中山)

| | コメント (0)

2009年2月13日 (金)

中山医院より

 相変わらずA型インフルエンザが流行しています。 

インフルエンザは、感染した人のせきやくしゃみで飛び散った小さな水滴とともにウイルスが空気中にまき散らされ、これを吸い込んで感染します。ですからマスクは大切な予防手段ですね。

ウイルスは気道の粘膜に付着すると猛スピードで増え、1~3日の潜伏期間ののちに急性の感染症症状(高熱、関節筋肉痛、全身怠慢感等)が起こります。インフルエンザの患者さんが近くにいた人は注意してください。                           

それから今年はタミフルなどの薬の効かない新しいウイルスが出てきて困っています。流行前にワクチンを接種していると、インフルエンザにかかっても重症化を防げます。

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

四季の里より

四季の里の前の見事な紅葉も、北風とともに見る影もなくなりました。いい季節が過ぎゆくのは、速いものです。

さて先日福谷小学校の3・4年生16名がデイサービスを訪問してくれました。

続きを読む "四季の里より"

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

中山医院より

インフルエンザAの流行が拡大傾向にあります。

又、嘔吐を主とするウィルス性腸炎の流行が続いています。

手洗い、うがい、マスクの着用等をして十分注意して下さい。

| | コメント (2)

2008年8月18日 (月)

四季の里より

 中山医院の四季の里です。デイサービスとグループホームを運営しています。11月で3年目を迎えます。多くの皆様にご利用いただき、地域の皆様のご協力もあり、事故なく無事にすごせたことを、感謝しております。

高齢者の方々が、住み慣れた地域にできる限り長く住み続けるようにサポートできればと微力ながら取り組んでおります。今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (1)