« ホタルの幼虫が上陸していました | トップページ | 4月の福谷の日は黒谷方面でした。 »

2011年4月22日 (金)

愛育と環境の総会での講演は 「紙はゴミじゃない!」 でした

4月21日に、足守地区愛育委員会と環境衛生協議会の総会がありました。

総会行事の後で、明和製紙原料株式会社社長の小六信和さんのお話を聞きました。

資源回収で福谷小学校にもよくこられたそうです。

001gomi 002gomi

一番言いたいことはと聞かれたら「紙はごみじゃない」

古紙を 50kg リサイクルすると → 20メートル位の木が1本助かりますとのこと。

古紙の分類についても、分かりやすく教えていただきました。(にしやま)

①古新聞と折り込みチラシは → 新聞紙や週刊誌に再生される(生まれ変わる)。

②ダンボールは         → ダンボールに

③牛乳パックは         → トイレットペーパーに

④雑誌と雑紙は         → ボール紙や絵本などに

ざつがみで下のようなオリジナルはがきが作れました。

003gomi

作り方は、①雑紙を細かくちぎり、水と一緒にミキサーにかける。(30秒くらい)すると、紙が繊維に分かれてドロドロの液体になる。

②網(網戸の網で良い)をはがきサイズの木枠に張ったものを作り、①の液体をバケツなどの上で均等に流しいれる。

③上から別の網を置き、押さえて絞る。濡れたままの紙ができる。

④タオルの間に③を網ではさんだまま置き、しっかり押さえる。

⑤できた紙を当て布をしてアイロンを当てる。15分くらいで出来上がり。オリジナルはがきが作れます。赤い紙を少し入れておけばきれいなピンクになります。

|

« ホタルの幼虫が上陸していました | トップページ | 4月の福谷の日は黒谷方面でした。 »

愛育委員より」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。