« 龍泉寺を歩きました。 | トップページ | 頂いたまつぼっくりとどんぐり »

2008年11月16日 (日)

東部クリーンセンターに行ってきました

11月13日(木)に環境衛生協議会(愛育)の移動研修があり、西大寺の

東部クリーンセンターを見学させてもらいました。

家庭から出る可燃ゴミ、不燃ゴミ、リサイクルゴミが実際にどのように

処理されるかを見せてもらいました。

可燃ゴミは 一旦ゴミピットに入れて よく攪拌してから ボイラーに少しづつ

いれるようにします。(ボイラーは最高900度くらいになるそうです)

熱は電気として使用。ガスは冷却し不純物を吸着させてから煙突へ。

焼却灰からも資源をとりだす。(鉄や銅など)

不燃ゴミは 資源になる鉄やアルミなどを 機械や人の目で 確認して取り除き

 細かく砕きます。これは埋め立てになります。

粗大ゴミのうち家具などは細かく砕いて 可燃ゴミと一緒に焼却。

缶とアルミは分別して 圧縮し 製鉄所などへ送ります。

瓶は ビール瓶などリユース(そのままで使える)ものは とっておく。

その他の瓶は色別に細かく砕き 資源へ。

ペットは細かく砕き(ペレット)資源へ。

  5年前くらいに一度見学させてもらいましたが、今回は最終的にゴミと

なる分量がずいぶん少なくなっていて 驚きました。

また、臭いもほとんどしなかったです。

  ペットボトルにも 再生できないものがあるそうで、三角のなかに1と書いて

あるものは、リサイクルできます。ラベルをはがしてもわかるようになってました。

たいへん勉強になりました。

写真も少しは撮ったのですが、またパソコン教室で教えてもらってから

貼付しますね。  乞うご期待ヽ(´▽`)/

|

« 龍泉寺を歩きました。 | トップページ | 頂いたまつぼっくりとどんぐり »

愛育委員より」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。