« ホエイ石鹸・・・試作品 | トップページ | 「雨模様の日の親指姫」 »

2008年7月 5日 (土)

“田んぼミュージアム”座談会

7/5、夕方、福光牧場のテラスで吉備学会の方と座談会が行われました

吉備学会:松畑氏(学会会長、現中国学園大学学長)、今西氏(学会食農教育研究部会座長、(株)イマシロ会長)、景山氏(百姓:百楽塾主催、岡大農学部名誉教授)
光森氏(足守支所長)、岩城先生(ラポート牧山、前福谷小教頭)、能登先生(大井小校長)、熊城さん、藤原さん、松重さん、田口さん、加治谷さん、福光さん、山本
_dsc7899

吉備学会はベネッセの福武会長や千葉岡大学長も名を連ね、吉備地域創生をとなえて活動中の会です(詳細は→公式HP

今日はざっくばらんに座談会だったのですが、話の要点は 
♦ 福谷は楽しい要素がとても多い、共催事業をやってみたい、何が出来るだろう
♦ 「田んぼミュージアム」というイメージ・概念で、福谷の文化(=山・川・田んぼ・暮らし)をまとまった形で再生・発展出来ないか、そして他の地域へモデルとして紹介したい
♦ 農作(休耕田の活用など)と食育、地産地消は大きな柱
♦ イベントではなく、「産業」の視点、継続的で、経済的な実証がカギだろう
♦ ソバ、小麦、ヒマワリ、他の農作、農地改善、八十八ヶ所、新人の入村(入植×移住(>_<)何かいい表現ありませんか?)、子どもの教育と遊び、環境、グリーンツーリズム・・・・

_dsc7903松畑先生(左)、景山先生(中)、今西氏(右)は、福谷の様々な活動(おもしれーマップ、田んぼの学校、ファンタジック福谷、ネットetc)をご存じで、(田口さん、加治谷さんは以前からいろんな研修会でお知り合い)、地域の動向、人々のやる気、まとまりにいたく共鳴され、熱っぽく期待を語られていました。

参加者それぞれから、いろんな提案がされましたが、とにかく活動の中心は農作、日々ののらしごと ・・・ 頭でっかちじゃしょうがない。
_dsc7901 したがって急にあれこれ出来るはずもありません、まずは、例年続けてきている「おもしれーまっぷ」中心の“ソバづくり”から学会の関わりを始め、

_dsc7902_3 地域の新たな賛同者を募る、他の地域の方に「農作~食う」ところまで参加してもらう、シンポジュームなど、まず今年の計画してみましょう ・・・ と、いうことになりました。

_dsc7910_2 会合を終えても、熱が冷めない面々
8~9月?、たぶん学会の方々から地域の皆さんへ、楽しい「ご提案」、「ご相談」をしていただけると思います。
「田んぼの学校」 は停止しましたが、また新しい視点で何か動き出しそうです

田口さん、訂正、補足あったらお願いします、また皆さん、コメントへご意見お寄せ下さい

|

« ホエイ石鹸・・・試作品 | トップページ | 「雨模様の日の親指姫」 »

田んぼミュージアム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。